お宮参りの由来

お宮参りは、生まれてきた我が子が「健やかに育ちますように」という願いを込めてお参りをする行事のことです。

わざわざ県外まで行って大きな神社でお参りをするのではなく、住んでいるところの近くにある神社に行くのが一般的です。

これは生まれた土地の守り神に挨拶をするためというのが由来となっています。

赤ちゃんが生まれた時期によっては、最初の行事が初節句になることもありますが、一般的に赤ちゃんの行事で一番最初に訪れるのが、生後7日目のお七夜、次がお宮参りとなります。

お宮参りの時期

お宮参りは生後1ヶ月で行う行事です。
しかし男女で日にちが違い、男の子は生後31日目、女の子は生後33日目にお宮参りを行うというのが正式なお宮参りとなります。
正式な日取りでお宮参りを行おうと思っても、当日に雨が降ってしまったり、雪が積もっていて家から出られなかったりするようなことになると、神社に行くのが難しくなってしまうでしょう。
まだ赤ちゃんは外の空気に触れた経験がほとんどありませんし、母親も産後で免疫力が弱っています。
無理に出かければ母子ともに体調を崩してしまう可能性があるので、天候が悪いというようなときには、少し日にちをずらしてお宮参りを行っても問題はありません。

一般化されたのは室町時代?

お産後に神様に挨拶する行事は、古来からあり「産土〔うぶすな〕詣」といわれていました。そして、現在のように「お宮参り」と呼ばれ一般化されたのは室町時代頃からだといわれています。
また、江戸時代(家綱将軍の頃)に、お宮参りの帰途に大老宅へ挨拶に立ち寄る風習などが起こりました。
そしてその後、この武家社会の習わしが一般人の間にも広まり、おめでたい家庭の歳事として親類や知人宅へお宮参りの報告と挨拶に出向く習慣が、全国各地へ普及していったといわれています。

夫の母が子供を抱いて参拝する風習

お宮参りは、子どもに祝い着を着せ、生まれたこどもを夫の母(姑)が抱くことが習慣になっています。これは古来、産後しばらくの間は「産の忌み」などといわれ、「穢れた」体をしているからだとか、産後の女性に無理をさせないためとかいわれています。

お宮参り着物の柄

【鷹】
鷹は大空高く舞い上がり、地上の小動物を見つけ獲物とします。はるか先まで見渡せるその眼を千里眼になぞらえて「先を見通す眼力」、「もの事の本質を見抜く眼力」を持って欲しいという願いを、また獲物をがっちり掴むその爪は、運や幸運をしっかり掴んで離さないという意味を表しているそうです。

【龍】
大地と水の神であるようですが、天に昇るその姿から出世や飛躍を願う意味もあるようです。